« 稲田朋美防衛相は知識不足、理解不足だったのでは? | トップページ | 2015年度社会保障費用の統計データを読む »

2017年7月31日 (月)

平成28年度の国の税収は法人税減でマイナスに

 財務省が7月31日発表したところによると、平成28年度の税収は前の年度を3913億円下回った。安倍政権はこれまで、税収増をアベノミクスの成果と誇ってきたが、28年度は法人税が8071億円も落ち込み、ほかの税収との合計でも、税収減となったわけである。

 同年度の消費税は4271億円増えたが、所得税は989億円減った。

 日本経済は低成長率が続き、政府は財政・金融政策を企業などの競争力強化に向けて重点的に実施してきた。その結果、企業は収益増、内部留保増などを達成し、逆に法人税の納税額は著しく減っている。

 このように税収から見ると、企業は”明”、個人・労働者は”暗”である。それでなお、デフレから脱しきれないというのは、経済政策が間違っているのではないか。企業にもっと蓄えを吐き出させ、労働者の賃金を上げるという政策がまじめに取り上げられていい。

|

« 稲田朋美防衛相は知識不足、理解不足だったのでは? | トップページ | 2015年度社会保障費用の統計データを読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65605211

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年度の国の税収は法人税減でマイナスに:

« 稲田朋美防衛相は知識不足、理解不足だったのでは? | トップページ | 2015年度社会保障費用の統計データを読む »