« 中国の腐敗はどこまで? 遠藤誉氏の説に学ぶ | トップページ | 国益を後回しにして衆院解散をめざす安倍首相 »

2017年9月10日 (日)

予算の季節:歳出改革が話題になるが…

 2018年度の政府予算案を組む季節になった。最大の歳出分野である社会保障関係の予算要求は、高齢化の進展などでさらに増える。教育などの予算項目も増える。また、北朝鮮の核・ミサイル装備の強化に対応して、我が国の防衛予算要求も増える。災害対策の公共事業もだ。

 その一方で、赤字国債などの累積で、1000兆円超にまで膨らんだ財政赤字―それを減らす財政健全化という課題にも取り組まねばならない。

 では、どうするのがいいのか。新聞やネットで学者やエコノミストなどの意見を読んでいると、いろいろな主張がうかがえる。

 一般的には、家計と国家経済を同一視し、国の”借金”を、あたかも家計のそれと同じようなものととらえる。財務省の関係資料には、そうした見方がうかがえる。

 さて、歳出削減と増税は、財政再建の基本だ。医療、介護などの社会保障関連の歳出は、国家予算のおおよそ3分の1を占めるので、社会保障関連の歳出のムダを削る効率化はきわめて重要である。しかしながら、歳出合理化は好まれない。労多くして功少なしになりがちだからだ。ここは、国民が強く求めるべきだろう。

 消費税増税については、景気の足を引っ張るという見方が与党などに強い。野党でもその傾向がある。だが、増税に見合う社会保障が金持ちにもメリットを与えるようにすれば、消費税増税は選挙民に受け入れられる、という見解もある。

  一方、家計とマクロ経済とを一緒にするなという論がある。国が発行した赤字国債の残高よりも、国民の貯蓄のほうが多いなら、国は破綻しない。国債発行によって経済を刺激し、経済成長を促進すれば、税収が増え、国民が豊かになる。そういう論者はいまだに多い。増税して財政健全化を図るという道は、経済停滞を招きかねず、国民の支持を得にくい。したがって、国は国債をどんどん増発し、財政赤字なぞ気にせず、財政刺激で経済発展をめざすべきという考え方だ。

 そうした路線を強力に支えているのが日銀だ。国債をどんどん買い取り、ゼロ金利を進めてきた。企業にとっては恵まれた経済環境だが、世界経済の中で、いつまでこうした特異な金融政策、金融環境が続けられるものか。

 日本は第二次世界大戦のあと、猛烈なインフレで経済再建を図り、国民の貯蓄をほとんど無価値にした。多くの国民が損をした。そのいつか来た道を歩むことになっても、それはずっと先のこと、と政治家や政府・日銀のトップは高をくくっているのかもしれない。いつの日か、国民がどのような犠牲を強いられることか。政界、財界、官界、学界を問わず、財政危機からの脱却をめぐる真剣な論議が切に求められる。

 

|

« 中国の腐敗はどこまで? 遠藤誉氏の説に学ぶ | トップページ | 国益を後回しにして衆院解散をめざす安倍首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65773653

この記事へのトラックバック一覧です: 予算の季節:歳出改革が話題になるが…:

« 中国の腐敗はどこまで? 遠藤誉氏の説に学ぶ | トップページ | 国益を後回しにして衆院解散をめざす安倍首相 »