« 元旦の新聞一面トップで社主が”平和憲法捨てるな”と主張 | トップページ | 国債などの政府の債務は1085兆円 »

2018年1月30日 (火)

放漫財政をチェックする政治勢力が無い

 水谷豊が主演のテレビドラマ「相棒」をよく見る。警察組織は上下関係で官僚制度の最たるものだが、このドラマでは、その官僚制度の弊害がときおり具体的な事件の捜査に顔を出す。

 政府・与党の要人が関わる事件やスキャンダルなどで、官房長官がもみ消しを指示したりする。警察内部でも上層部の指示で、事件をにぎりつぶしたりする。警察庁と警視庁との上下関係で事件が警察庁の意向に沿って処せられたりもする。もちろん、警視庁が警察庁の無理難題に対し、筋を通そうとしたりすることもある。

 このドラマ「相棒」が長く続いている理由の一つは、この官僚制度の歪みを突いているからだろう。現在の日本では、法の制定から法の運用、適用まで、何が正しいのか、官僚が民主政治の基本に立って公務に励むのが正道だが、現実には、出世するか、左遷されるか、上司などによる人事評価などが影響する。結果として、上司の指示に従ったり、意向に沿った行動をとることが多いと思われる。

 経済政策にしても、官僚の人事評価に政治家が関与するようになり、政権のトップの意向を汲まないと、昇進の道が断たれるという状況ができてきているようだ。財政健全化への取り組みも、消費税増税を繰り返し先延ばしする安倍首相の放漫財政のため、与党、省庁などは予算分捕りのほうに夢中になっている。

 金融の異次元緩和で国債の大量購入に踏み切った日本銀行も、安倍政治に唯々諾々と従って、膨大な国債を抱えたまま、金融正常化に手を着けようともしない。官僚の一人ひとりが、「もの言えば唇寒し」と憂国の思いを内に抱えたままである。

 安倍政権が長ければ、それだけ、官僚たちの国を思う心が薄れていく。野党があまりにも無力な政治情勢を憂う。

|

« 元旦の新聞一面トップで社主が”平和憲法捨てるな”と主張 | トップページ | 国債などの政府の債務は1085兆円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/66338524

この記事へのトラックバック一覧です: 放漫財政をチェックする政治勢力が無い:

« 元旦の新聞一面トップで社主が”平和憲法捨てるな”と主張 | トップページ | 国債などの政府の債務は1085兆円 »