« 財政危機に関して注目したい記事 | トップページ

2018年7月31日 (火)

「財政再建なくして成長なし」に120%賛同

 7月31日の日本経済新聞朝刊コラム「大樹小機」は、「財政再建が困難な理由」と題して、現在の安倍政権の重大な誤りを指摘している。目先のことにとらわれ、将来世代への負担を先送りしていること、そして、根強い成長信仰。要するに、財政の危機は他人事なのである。

 では、どうすべきか。あるべき社会保障体制と財政再建の調和を図ることだ、と理解する。コラムは結論として、「財政再建なくして成長なし」と断定している。

 トランプ大統領の米国や中進国など、世界的に強引な目先の権力政治が幅をきかせる傾向がうかがえる。日本も例外ではない。民主主義が精彩を欠いている時代に入った。したがって、財政再建は重要な政治課題でなくなってきている。したがって、「大樹小機」のコラムは、危機の時代への警鐘でもある。

 

 

|

« 財政危機に関して注目したい記事 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/67005593

この記事へのトラックバック一覧です: 「財政再建なくして成長なし」に120%賛同:

« 財政危機に関して注目したい記事 | トップページ