« ゴーン氏の事件で思うこと | トップページ | アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹 »

2018年12月 7日 (金)

教員の長時間労働をどうやって減らすか

 政府の中央教育審議会では、教員の長時間労働解消などの対策について特別部会の答申素案が12月6日に示された(同日の朝日新聞夕刊による)。時間外労働の上限を原則、月に45時間、年に360時間以内にするガイドラインを設けるなど、教員の長時間労働を減らす方策をいくつか提示しているようだ。

 しかし、家族・親戚に小学校教員がいて、働いている実態を見聞きしている者からすると、少し違う観点から、長時間労働減らしを考えてほしいと思う。

 私の住む都内の近隣の小学校では、運動会、学芸会や授業参観などで、ちょくちょく学校に父母たちに来てもらう機会をつくっている。研究授業など、教員の研鑽に資する会合もある。また、地域の催しなどにも教員が関わることがある。それらにまじめに取り組むと、日々の授業の下準備を終えるのが遅くなる。また、毎学期末にかけて、生徒一人一人の通知表を書かねばならない。親からクレームがつき、家庭を訪問せざるをえないこともある。

 このように、教員は忙しすぎる。子どもと触れ合う教師の仕事を楽しんでいる人は、忙しさを苦痛と思わないが、人によっては、あれもこれもと追いまくられて、精神的にゆとりを持てないことはありうる。 

 ではどうすべきか。教員の数を増やすのは現実離れしている。少子化の流れを踏まえれば、一クラスの生徒数を増やし、それによって浮いた無担任の教員(ベテランが適切)がクラス担任の週一日なりの休みのピンチヒッター役を務める。そうしたやりくりが必要ではないか。

 また、教員でなくてもできる業務は、事務員やボランティアに任せることが望ましい。高齢化に伴い、地域で役に立ちたい高齢者は多いと思われる。学校を地域に開放するのと合わせて、ボランティアに学校関連の業務で手伝ってもらうことも考えていいのではないか。

|

« ゴーン氏の事件で思うこと | トップページ | アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/67457209

この記事へのトラックバック一覧です: 教員の長時間労働をどうやって減らすか:

« ゴーン氏の事件で思うこと | トップページ | アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹 »