« アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹 | トップページ | 国の2019年度一般会計予算案が100兆円を超えた »

2018年12月 9日 (日)

「エコプロ2018」を見て回った

 毎年、いまごろになると、東京ビッグサイトでエコプロダクツ展(ことしは「エコプロ2018」という名称)が開催される。今年は12月6~8日にビッグサイトの東1ホールから6ホールまでと広く展示されていた。

 過去、十回以上、展示を見に訪れた。ことしは、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えるというパリ協定で定めた目標を実施するため、世界が具体的なルールづくりに取り組む年なので、エコプロ展もそれに対応して、目新しい展示があるかと期待した。しかし、環境経営の紹介のほかには、目立ったものはなかった。見落としたかもしれないが。

 ことしは「社会インフラテック」というくくり方で道路、橋梁などのインフラを維持するための技術に焦点を当てた展示が設けられた。これを”エコプロ”という範疇でとらえるのはどうか、とも思うが、目新しいので訪問者にはおもしろかったのではないか。

 エコプロが始まって間もない頃は、自動車、電子・電機、電力、石油、鉄鋼、製紙、化学などの大企業が競うように出展した。なじみのある製品が展示されていたので、見て回るのも楽しかった。しかし、今回は、もう何年も前からそうであったように、技術に特化した展示など、しろうとにはよくわからないものが多かった。

 本来、個人的に関心の高い技術、製品・サービスの展示を中心に見て回るのが楽しいし、勉強になる。とはいえ、そのためには会場を丹念に見て歩く必要がある。そして、知らないものに出会って新たな知識を得る。そういう点から、やはり、あっちこっちと細かく見て回る必要がある。結局は、足を棒にして見て回るしかない。今年も、そうだった。

|

« アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹 | トップページ | 国の2019年度一般会計予算案が100兆円を超えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エコプロ2018」を見て回った:

« アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹 | トップページ | 国の2019年度一般会計予算案が100兆円を超えた »