« 日本のゾンビ化への警告 | トップページ | 東京国立博物館の「顔真卿~王羲之を超えた名筆」を見た »

2019年1月25日 (金)

毛里和子氏の新著の「はじめに――中国外交九つの瑕疵」に学ぶ

 現代中国論などの研究者である毛里和子早稲田大学名誉教授が昨年12月に出版した『現代中国外交』(岩波書店)。たまたま手にとって序文を読んだだけだが、それだけで、とても教わるところが多かった。こんな経験は初めてだ。

 「はじめに」の中で、毛里氏は、2017年夏、中国人の研究者である鄧いつ(律の右部分)文がSNSに投稿したつぶやき(毛里氏によれば、「中国外交の瑕疵9項」)を紹介している。
 米国に対する対抗的思考や態度を改めるべし、日本、韓国とは友好政策をとるべし、北朝鮮には制裁を強めるべし、台湾に一つの中国原則を押し付けることなく国際空間を与えるべし、平和主義者、ダライ・ラマのいるうちにチベット問題の過激化を避けるべし、南シナ海を独り占めする考えを改めるべし、……。現代中国の現実と改めるべき問題点が列挙されているように思われる。
 毛里氏は、これら瑕疵9項を本書の通奏低音とでも言えようかと述べている。
 私は、「はじめに」を読んで、鄧氏がこのような見解を対外的に表明できるぐらいの自由が、まだ中国には存在しているのか、という感想を抱いた。

|

« 日本のゾンビ化への警告 | トップページ | 東京国立博物館の「顔真卿~王羲之を超えた名筆」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛里和子氏の新著の「はじめに――中国外交九つの瑕疵」に学ぶ:

« 日本のゾンビ化への警告 | トップページ | 東京国立博物館の「顔真卿~王羲之を超えた名筆」を見た »