« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月18日 (月)

喉元過ぎれば熱さ忘れる

 ”3.11”から満8年の追悼行事が行われたのは1週間前まで。以後、被災地の復興をめぐる報道も限られてきている。ところで、ことしの”3.11”報道を振り返ってみて、福島原発事故をめぐる報道は少なかったように思う。

 そうした思いを強くしたのは、”3.11”当時、菅直人総理大臣の補佐官だった寺田学
衆議院議員の最近のブログを読んだからである。それは、同氏が2016年に書いた「5年前の記憶のすべて」と題する文の要約である。その一部を紹介すると、
「”最悪のシナリオ”と呼ばれたシミュレーションがあった。(菅)総理から近藤原子力委員会委員長に作成を依頼したもの」、「福島原発の全てがメルトダウンし、人間が近づけない状態となり、その放射能汚染が他の原発の地域までに及び、連鎖的に事故が起こる等々、全てが最悪の方向に進んだ場合の、最大の被害の想定。まさしく最悪のシナリオ。」
「記憶に残っているのは『避難が必要となる地域』。福島原発から半径250kmは避難が必要とするシミュレーションだった。避難するということは、戻ることを想定していない。移住を必要とする地域と言っていい。」
「東京も避難地域だった。横浜まで含まれていた。”首都移転”が必要になる、と真っ先に思った。そして誰も口には出さなかったが、皇居が避難地域に含まれる事の重大さに打ちのめされていた。」
「それ以外にも、東日本に住む方全員の移動。西日本の土地は高騰し、食料も不足、失業者大量発生etc。考えるのもおぞましい状況があった。」
 ブログの末尾:「あれから4年。大きな震災、事故の割に、あまり変わらぬ日本に不安を感じます。」
 原発の新たな事故が起きないとは言い切れない。起きたとき、日本の国民が蒙る被災が日本沈没をもたらしかねない。そうした危機に対し、いまの国民は常日頃から備えているだろうか。総理大臣を筆頭に、政治家は平成ボケしていないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

”孤独死”は被災地だけの現象ではない

 東日本大震災の日から8年が経った。3月11日のテレビ番組は、東北の被災地がどこまで復興したのか、被災者の家や暮らしは元のように戻ったのか、などを中心に現状と課題とを整理していた。

 私自身は8年前、東京の自宅(共同住宅)にいて、激しい揺れに直面した。そしてすぐテレビをつけ、すさまじい勢いで陸地に迫る津波、また、陸地に上がって畑地をのみこんでいく津波などの映像を見ていた。この世の地獄かと思えるほど恐ろしい光景を、こわいもの見たさに見ていた。何時間も。
 8年経った今、きのう、きょうのこうした映像、そして、疎開や復興の歩みなど、さまざまな情報を通じて特に感じたことを2つあげたい。
 1つは、8年の歳月が過ぎ去ったことである。小学校卒業直前の少年少女が大人の仲間入りするまでになっている。多感な年頃の彼らは、進学や就職で東京など大都会に行く者が少なくないが、心のどこかで郷里の復興を願いつつ生きているように思われる。また、彼らは、時には、被災の語り部になるのではないか。そして、かつて東北の被災に同情した全国の大都会の人たちは、日々の出来事に追われ、東日本大震災をほとんど忘れ去るのではなかろうか。
 もう1つは、”孤独死”なる用語の使い方への疑問だ。大震災で家や家族を失った被災者が災害公営住宅に1人で住むようになった結果、誰も知らないうちに死んでいた、というのを”孤独死”といわれる。
 コンクリートで仕切られた中高層の公営住宅に入居すると、ご近所付き合いが減ったり、なくなったりする。その結果、孤独死が多いというわけだ。だが、都会の中高層マンション(共同住宅)では、それが当たり前。隣は何をする人ぞ、である。プライバシー尊重がそれに拍車をかけている。高齢化と少子化もだ。孤独死は被災地固有の問題ではなく、日本の社会の抱える深刻な問題だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »