« ”孤独死”は被災地だけの現象ではない | トップページ | 財政赤字を気にせず財政の規模を拡大できる? »

2019年3月18日 (月)

喉元過ぎれば熱さ忘れる

 ”3.11”から満8年の追悼行事が行われたのは1週間前まで。以後、被災地の復興をめぐる報道も限られてきている。ところで、ことしの”3.11”報道を振り返ってみて、福島原発事故をめぐる報道は少なかったように思う。

 そうした思いを強くしたのは、”3.11”当時、菅直人総理大臣の補佐官だった寺田学
衆議院議員の最近のブログを読んだからである。それは、同氏が2016年に書いた「5年前の記憶のすべて」と題する文の要約である。その一部を紹介すると、
「”最悪のシナリオ”と呼ばれたシミュレーションがあった。(菅)総理から近藤原子力委員会委員長に作成を依頼したもの」、「福島原発の全てがメルトダウンし、人間が近づけない状態となり、その放射能汚染が他の原発の地域までに及び、連鎖的に事故が起こる等々、全てが最悪の方向に進んだ場合の、最大の被害の想定。まさしく最悪のシナリオ。」
「記憶に残っているのは『避難が必要となる地域』。福島原発から半径250kmは避難が必要とするシミュレーションだった。避難するということは、戻ることを想定していない。移住を必要とする地域と言っていい。」
「東京も避難地域だった。横浜まで含まれていた。”首都移転”が必要になる、と真っ先に思った。そして誰も口には出さなかったが、皇居が避難地域に含まれる事の重大さに打ちのめされていた。」
「それ以外にも、東日本に住む方全員の移動。西日本の土地は高騰し、食料も不足、失業者大量発生etc。考えるのもおぞましい状況があった。」
 ブログの末尾:「あれから4年。大きな震災、事故の割に、あまり変わらぬ日本に不安を感じます。」
 原発の新たな事故が起きないとは言い切れない。起きたとき、日本の国民が蒙る被災が日本沈没をもたらしかねない。そうした危機に対し、いまの国民は常日頃から備えているだろうか。総理大臣を筆頭に、政治家は平成ボケしていないだろうか。

|

« ”孤独死”は被災地だけの現象ではない | トップページ | 財政赤字を気にせず財政の規模を拡大できる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喉元過ぎれば熱さ忘れる:

« ”孤独死”は被災地だけの現象ではない | トップページ | 財政赤字を気にせず財政の規模を拡大できる? »