« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月16日 (火)

映画「山懐に抱かれて」を製作したテレビ岩手に敬服

 今月下旬に公開される映画「山懐に抱かれて」の試写会に出た。三陸地方に旅行したことがある人なら、岩手県下閉伊郡田野畑村を知っているだろう。私も30年ほど前に、三陸海岸を訪れたときに、農業と漁業の村である田野畑村で一泊した。しかし、この映画を見るまで、山を切り拓き、乳牛を放牧する牧場があることを知らなかった。

 「一年を通して山に牛を完全放牧し、大地に生えるシバと自前で栽培する牧草だけを餌に牛を育てる”山地(やまち)酪農”」(パンフレットより)。この理想の酪農をめざしてこの地に住みついた吉塚公雄・登志子夫妻。彼らは生まれてくる子供たちやその家族と共に一日の休みもなく理想の酪農めざしていそしんできた。そこには、喜びもあれば悲しみもある。そして悩み、苦しみがある。特に、公雄氏は理想の牛乳生産と牧場の拡大をめざすが、経営難に頭を悩ます。民放のテレビ岩手は、そうした酪農一家の歩みを映像として記録してきた。この映画は、その酪農大家族の24年間の映像記録を編集して映画にしたものである。

 映像は、自然の美しさと同時に冬の気象の厳しさを目の当たりにしてみせる。また、家族の夕食時、テーブルを囲み、家族一人ひとりの名前を皆で唱え、感謝する。成長した子供たちが結婚したり、仕事のありかたをめぐって父親と意見が対立したりもする。家を出て、よその地で暮らす者も出てくる。小学校にも上がらない幼児が干し草づくりなどを遊びのつもりか、手伝う。

 家族の数十年という年月を追うテレビ・映画の「北の国から」は名作だが、フィクションである。これに対し、「山懐に抱かれて」は、テレビ岩手が長年、ドキュメンタリーとして製作・放映してきたものを映画として編集した”すぐれもの”である。観客は、感動するとともに、いろいろ考えさせられるに違いない。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

財政赤字を気にせず財政の規模を拡大できる?

 2019年度の国家予算が成立してからのことのようだが、経済情報で、財政赤字を気にせず景気刺激策をとっていいんだ、という見解をよく見かける。米国の学者などが唱えているという。独自の通貨を持つ国の場合、供給不足でインフレが起きるのでなければ、経済成長と雇用が増加しているかぎり、政府債務残高がどんなに増えても、問題はないという説のようである。

 日本の国内でも、日本の財政赤字を国債発行で穴埋めする拡張財政に何ら問題はないとの説を唱える学者がいる一方、このままでは、いずれ財政破綻に追い込まれると指摘する学者・エコノミストがいる。前者は、安倍政権の経済財政政策をバックアップしている。しかし、財政赤字がさらに大きくなれば、経常赤字の拡大、さらにはドルの信認低下へと、金融市場を揺るがす可能性が高まるのではないか。

 世界経済および日本経済の行方は、政治情勢の悪化を背景に、予断を許さない。日本の財政膨張が今後、どうなっていくのか、慎重に見守る必要がありそうだ。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »